--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.08.07 20:29

これまでの記事を振り返っていたら、「教室でできるビジョントレーニング①」というのを見つけました。(汗)
①とつけている限りは、②、③・・・って続けるつもりだったのでしょうね~。 今、見て驚いてしまいました 笑

ということで、今回は久々にビジョンについて記事にしてみます。


さて、私のクラスのお子さんや、相談に来られるお子さんについては、必ず簡単な眼球運動のアセスメントをするようにしていますが、本当に「ん?」と気づく場合が少なくありません

サッケード(衝動性眼球運動)では、上下、左右の飛ばしは比較的スムーズなのに、「斜め」になると急にがたつきが見えるお子さん。

注視がキツいようで、パスート(追従性眼球運動)をしおえると激しくまばたきをするお子さん

輻輳が苦手で、すぐに指標が2つに見えるというお子さん

パスートや、「眼力カード」をしていると、こちらの指示よりも早く眼が動いちゃうお子さん。じっと止まることも、意外と難しいものなのです。

ほんと、それぞれですけれども、何らかの躓きを見る場合がほんとうに少なくありません。


今日は、一人のお子さんのトレーニングの一例を挙げてみます。


 注視が苦手で、眼球の動きが少ないお子さん

 黒板や、興味のある絵などはぱっと見ますが、じっと見ることはあまりありません
 音読は好きで、大きな声で一生懸命読みますが、行の読み飛ばしがあります。
 字を書くのも好きで、一生懸命書きます。
 読みも書きもあまり長時間は難しくて、疲れやすいようにも見えます。

 少し、斜めから見るような見方をすることがあります。
 ボール運動は、苦手で、止まっているボールを足でけったり止めたりすることはできますが、
 自分に向かってくるボールを受けるのが苦手です。

 輻輳が苦手で、ほとんど両眼がよりません。 
 サッケードでは、眼の動きというよりも首をふって、中心窩でとらえているようです。

 ① DEMの推移

  定期的(約2か月に一度)に、DEM検査をとり、眼球運動の状態を見ています。

  昨年5月   縦読み合計 52秒2   横読み  読めず 

  今年3月   縦読み合計 35秒3   横読み  90秒    比率 2.54
 
  今年6月   縦読み合計 30秒4   横読み  46秒2   比率 1.35

 
  7歳の平均値  縦読み合計  42秒3  横読み  62秒5   比率  1.5
        *「学習につまずく子どもの見る力」 奥村智人・若宮英司 編著 明治図書より


  比率が、1に近づくほど、横読みに見られる数字間のスペースも
 正確にとらえることができるようになっていることが言えます。 
  このお子さんの比率も、すいぶんと「1」に近づいてきていて、「読み飛ばし」が減ってきています。

  

 ②ビジョントレーニングの様子

視覚については、眼球運動全般に滑らかさをつけていくことをねらいとしました。
また、図形の認知に苦手さもあるので、そのあたりを考えて組み入れたものです。


 数字にタッチ
  
  キョロキョロと効率よく眼を動かしてすばやく数字を探し、タッチしていきます。
  慣れてくれば、1とばかしとか、逆からとか、いろいろなバリエーションもできます。

  DSC01986_convert_20111024230304.jpg

  チーズの板
 
  これ、欲しかったものが販売中止になっていて、代わりに購入していただいたものです。
 目と手の協応、集中力、いろいろなことに使えてとてもいいです。
 じーっと、ゆっくりと動く指標を見続けます。注視、パスートの練習にもなります。
 なかなかうまくいかないのですが、これくらいの「失敗体験」もいいものです


                       IMG_13622_convert_20120716032340.jpg

  フープあそび

  これは、クラスでよくやっています。
 全身運動にもなるし、覚醒を整えるのにも役立ってます。
 「ピンク!」と言ったらピンクの輪に入ったり、ジャンケンをして陣地とりをしたり。また、投げてキャッチしても痛くないので、手でキャッチしたり頭を通したり、楽しく遊んでます。
 近づいたり、追いかけたり、両眼でしっかり見てとらえます。

IMG_0034_convert_20120424020921.jpg

  シェイプバイシェイプ
  これは、神戸の北出勝也先生のところでいただいた視覚認知トレーニングによいパズルです。
 正方形、三角、平行四辺形などの簡単な形を組み合わせていきます。
 図形認知を高めるのによいです。集中力もつきそうです。ヒントカードの出し方により、難易度が変えられて、繰り返し楽しめます

                           IMG_1373_convert_20120807194229.jpg

 バランスボール
 バランスボールは、椅子代わりに使ったり、一番使用頻度が高いかもです。
 バウンドさせたり、両足をしっかりつけて、上体をそらせたり、うつぶせになって片手で支えたり、いろいろな体操をしながら、体幹のトレーニングにもなります。

 これは、バランスボールでバウンドしながら、ジャンケンをしているところです。
 動きながらジャンケンを見て、勝ち負けを判断しています。(前庭動眼反射)
 ジャンケンに熱中するとバウンドを忘れたりします。複数の作業を同時に処理することも求められます。
 さらに、あっち向いてホイ!を入れたり、瞬間的に数字を見せてたし算をしてもらったり、
 いろいろとアレンジしています。
 これもとても楽しくトレーニングできています。

DSC04679_convert_20120807193812.jpg


③ まとめ

 1年ほど、少しずついろいろなトレーニングをしていて、眼の動きが少しずつ滑らかになってくると、疲れにくくなるようです。
 学校では、次々と新しい学習に入り、そのたびに見通しが立たなかったり、理解するのに時間がかかったり、わからないことが増えたりするのに、さらに眼球の動きに躓きがあり、視覚情報を取り入れる段階でハードルができてしまっては、大きなストレスとなります。
 お子さんの意欲や集中にも影響してしまいます。
 学習に入る前提として、「見る力」を今後も見ていきたいと思っています。
 
  
  
  


  

 
スポンサーサイト

| 視知覚、見ること | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。