--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.05.09 21:16

GWも終わり、学校生活もリズムに乗ってきた頃です。
反面、新学期からの軽い緊張状態がほぐれ、いわゆる「五月病」に陥りやすい時期ともいえます。

あさはなの学級も、疲れやコンディションなど、お子さんの様子を見ながら学習を進めているところです。

今日は、表情の学習をしました。
①泣いている顔   ②怒っている顔   ③笑っている顔

黒板に絵をかいて、お話をしました。「この子は、どんなことがあって、泣いているのか」を説明して、この子がいたら、どうするか考えました。表情の認知はできているようで、
「どうしたの?」て言ってあげる、とか、面白いことをして笑わせてみる、とか自分たちでいろんな考えを出してくれました。

「なくなー!って怒っていったらどうかな? と聞いたら、
「ぎゃはは」 「あっかーん。」「そんなこと、せーへんわ~」って、答え。架空のお話ですが、とても盛り上がりました。

さて、あさはなが特別支援学級の親切に伴い、担任になってから、一つ大切にしてきた時間があります。
それは、「自立活動」です。

DSC00728_convert_20111024230232.jpg


これから、何回かに分けて、自立活動について触れたいと考えています。
いまさらですが、学習指導要領についてまとめたいと思います。(参照:文部科学省HPhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/)


① 自立活動とは

 特別支援学校の学習指導要領には、「自立活動」の領域が定められ、その指導を行い、個々の児童生徒が障害による学習上または生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な知識・技能・態度及び習慣を養い、もって心身の調和的発達の基盤を培う。という目標が掲げられています。

 特別支援学級は、基本的には、小学校・中学校の学習指導要領に沿って教育が行われますが、子どもの実態に応じて、特別支援学校の学習指導要領を参考として特別の教育課程も編成できるようになっています。

② 自立活動の内容

 6つの区分で26項目が示されています。これらの中から、子どもの実態に応じ、必要とされる項目を選定し、それらの相互に関連付けて具体的に指導内容を設定する必要があります。


1健康の保持
(1) 生活のリズムや生活習慣の形成に関すること。
(2) 病気の状態の理解と生活管理に関すること。
(3) 身体各部の状態の理解と養護に関すること。
(4) 健康状態の維持・改善に関すること。

2心理的な安定
(1) 情緒の安定に関すること。
(2) 状況の理解と変化への対応に関すること。
(3) 障害による学習上又は生活上の困難を改善・克服する意欲に関すること。

3人間関係の形成
(1) 他者とのかかわりの基礎に関すること。
(2) 他者の意図や感情の理解に関すること。
(3) 自己の理解と行動の調整に関すること。
(4) 集団への参加の基礎に関すること。

4環境の把握
(1) 保有する感覚の活用に関すること。
(2) 感覚や認知の特性への対応に関すること。
(3) 感覚の補助及び代行手段の活用に関すること。
(4) 感覚を総合的に活用した周囲の状況の把握に関すること。
(5) 認知や行動の手掛かりとなる概念の形成に関すること。

5身体の動き
(1) 姿勢と運動・動作の基本的技能に関すること。
(2) 姿勢保持と運動・動作の補助的手段の活用に関すること。
(3) 日常生活に必要な基本動作に関すること。
(4) 身体の移動能力に関すること。
(5) 作業に必要な動作と円滑な遂行に関すること。

6コミュニケーション
(1) コミュニケーションの基礎的能力に関すること。
(2) 言語の受容と表出に関すること。
(3) 言語の形成と活用に関すること。
(4) コミュニケーション手段の選択と活用に関すること。
(5) 状況に応じたコミュニケーションに関すること。


こうしてみるとどれも本当に大切で、生きていくための力の基礎として身に着けていけるよう、指導していきたいことばかりです。

あさはなの学級は、自閉症・情緒学級なので、特に重点項目としては
「環境の把握」「人間関係の形成」「コミュニケーション」を中心に考えています。

具体的な取り組みについては、次回に♪

スポンサーサイト

| 特別支援教育コーディネーター | コメント(3) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2012.05.09 22:54 |

^^

いつも思うのですが、先生のクラスは楽しそう♪♪
通常学級の児童支援に入ってますが‥毎日モヤモヤとの闘いです。もちろん、対象は子どもたちではないですよ^^;)

自立活動の時間、私も一番大切にしていただきたい時間です。
ただ次男は学年が上がるごとにその時間は交流クラスとのグループ学習の時間に変わっていってます。
それがすごく残念で、昨年度末には校長先生に時間の確保をお願いしました。

自立の意味をどう捉えておられるかで、その時間の使い方は大きく違うと思います。
そういう意味で、先生の取り組みが広く伝わるといいなぁと思っています。

| まつこ | URL | 2012.05.10 23:21 |

Re: ^^

まつこさん、いつもありがとうございます^^

私も、日々楽しいこともあれば、ん~~>< と悩んでしまうこともしばしばなのですが、まあ考えてても仕方がないし!と思って、毎日過ごしてます。

私がずっと一緒にいられればいいけど、私もそろそろ異動を視野に入れなくてはならないです。

手を放す、という視点に立った時、将来にむけてつけたい力と、それに向けて今何をすればよいか?ということが少しわかってきた気がしています。

決して一人よがりにならず、進めていきたいですね。

まつこさんも教育の現場に入られ、勉強なさってきたスキルをもってご活躍されていることと拝察します。
いろいろな立場の方がいろいろとお話することで、少しずつ理解が進むのではないかと思います。
難しいこともいろいろありますが、
ほんと、がんばりたいですネ。

| asahana73 | URL | 2012.05.12 00:02 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。