--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.04.24 02:59

4月、入学式から少しずつ日が過ぎ、やっと桜の花も咲き終わり、少しずつ新芽が出はじめています。

さて、今年は2年目を迎えた支援学級です。
1年生にもう一人の仲間が加わりました。

少しずつ授業も始まり、様子を見る中で、まず取り組んでいることをまとめてみます。

① 感覚の問題
② 学級経営
③ 書字支援

① 感覚の問題

全身を使った運動が苦手で、ジャンプしたりケンケンしたりすることができにくい。バランス感覚が弱いのか、よく転ぶ、体が傾いたり、転びそうになったりするところで制御できず(気がついていない?)転んでしまう。

バランスボールやトランポリンのほかに、いろいろと遊びを取り入れています。

IMG_0034_convert_20120424020921.jpg

これは、新聞紙を長くのばして輪にし、それにタフロープを巻いて作ったフープです。

プラスチックでできた既成の物よりも、やわらかくて、いろいろな大きさや色が作れるのが長所です

まずは、これを私が投げてキャッチします。
手でキャッチ、慣れてくると、腕に通るようにキャッチしたり、足でキャッチしたりいろいろ工夫できます。
また、床にばらばらっとまいて、ケンケンをしたり、「ピンク!」などと叫んでそこに入ったり、ジャンプで進んだり。

いろいろと工夫して遊べて、手軽なので、これは結構いいです

② 学級経営

入学後すぐに、全校生に支援学級のことをお話しました。
保護者さんからのお手紙も読みました。

みんなが、得意なことや苦手なことがあるのと同じように、支援学級のみんなにも、得意なことや苦手なことがあります。

得意なことを伸ばしたり、苦手なことに取り組んだりして支援学級ではがんばっています。
本当は嬉しいのに、大きな声を出してしまったり、自分の気持ちをみんなにうまく伝えられなかったりすることがありますが、うまく伝えられるように練習をしたりしています。

みんなには、いいところもいっぱい知ってほしいし、また、間違っていることをしていたら、教えてほしいのです。「だめ」だけではなくて、じゃあどうしたらいいのか、「こういうふうにしたら、いいんだよ」と。一度聞いてすぐにはうまくできないかもしれないので、何度でも教えてほしい。

というようなことをお話しました。
どの子も真剣に聞いてくれていたと思います。

なかなか、すぐには伝わらないのかもしれません。

でも、機会あるごとにこうして大人が話すことで、共に支えあう関係が築けるのではないかと思います。そして、障害を理解することは、どの子にとっても大切な学習となるはずです。

また、学校の玄関に、「〇月のよてい」を支援学級で作って掲示しています。
学校全体の予定などを書いて、絵をかいたり飾りをつけたりして、貼っています。

みんなの役に立っているということが自信にもつながるといいなと思います。
これを作ることで、絵をかくこと、文字を書くこと、スケジュールを理解すること、いろいろなことができるので、楽しく作っています。

IMG_0025_convert_20120424021038.jpg

③書字の支援

一年生で、ひらがなを学習し始めました。
指の力が弱く、筆圧が十分ではないこと、力が入りにくいために、鉛筆がうまく持てないことが当面の課題かなと感じています。

DSC04798_convert_20120424021326.jpg

これは、感覚遊びのおもちゃで、研修会の時に買っていた「ぐにゃぐにゃボール」です。
ぎゅっと握る感覚がおもしろくて、私でもこれを持つと自然にずっと握ってしまいます。
握ることで、少し握力へのアプローチになると思い、使っています。

IMG_0103_convert_20120424021003.jpg

これは、「せんたくばさみ」です。大人では簡単なせんたくばさみでも、お子さんには力を入れないとうまく開けないようです。
ついでに色のマッチングもできるので、
「あか」「あお」などと色を指定しながら、とってはつけていきます。
はじめは、とにかく10個つけてみよう、というようにしていましたが、
次には、先生と競争したり、枠にきちっとつめてはさんだりしていくようにし、
速く、場所を指定、など、指先のコントロールする力も使うように、変化をつけています。

鉛筆に補助具をつけたり、ティッシュをにぎったりというような書字場面での直接支援もしながら、取り組んでいます。

まだ、始まったばかりの今年の支援学級。

今回書いたのは、取り組みのほんのさわりですが・・・。

これから、楽しくのびのび、生き生きと過ごせるようなクラス経営をしてきたいと考えています。
スポンサーサイト

| 特別支援学級経営 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。