--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.08.09 21:50

6日のヒロシマ。9日のナガサキ。15日の終戦記念日。
大切な日。

暑い暑い炎天下の蝉しぐれの中、響く鐘の音、祈り。静寂。
毎年、テレビを見てなぜか泣きそうになります。

あさはなは、夏休みの登校日には、必ず時間をとり、話をしてきました。
ちなみにあさはな、1年生から6年生までどの学年も担任したことがあるのですが、
どのクラスでも、学年に応じて話をするようにしています。

1年生には、主に絵本の読み聞かせが多いです。
6年生には事実を中心に、新聞記事や本などから話し、2学期の授業につなげていきます。

この時期だからある、戦争をテーマにしたドラマ、本、ニュース・・・、
なんでもいい、「あ、学校で習ったな」きっかけで、ちょっとでも見てくれたらと思います。
「百聞は一見にしかず」  見ることで感じられることがあると思うから。

私だってその時代に生きていたわけではないけど、
今でも、祈りをささげ、涙を流す人々がいるということ。
決して、風化してはいない事実がここにあることを、
教師として、伝えなくてはならない、と思っています。

そしてもう一つ、8月9日は、兵庫県西北部豪雨災害の日でもあります。
前日までに降り続いていた雨に台風9号がさらに追い打ちをかけました。
小さな田舎町を突然襲った水害で、18人の方がなくなり、2名が行方不明となりました。
この災害で、私の知人が亡くなりました…。
東北では、まだまだ悲しみの中にありながら、復興に向けて立ち上がろうとされている
今年のこの日。


当事者にとっては、何年たとうと、何十年過ぎようと、決して風化するものじゃありませんよね。
悲しみも、決して消えるものではない。

何の理由もなく、背負わされた事実。

本当の苦しみや悲しみを、私なんぞが知る由もないでしょうが、
伝えていくこと、心で、伝えること。
これが私たちの世代に任されているのだと思います。

スポンサーサイト

| 特別支援教育コーディネーター | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。