--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.07.13 21:58

1学期もあと数日
各クラスとも、夏休みに向けてまとめをしている時期です

あさはなも、去年までは通常学級の,しかも6年生の担任をしていたので、この時期の必死さと言ったら大変なものでした

IMG00001-20101214-1050_convert_20110713215837.jpg

2年間、教科担任制で「国語」の担当をしていたのですが、やはり一番の大変なのが「漢字50問テスト」でした。
お子さんにとっても、イヤなものだったことでしょう。だって、大変ですよね・・・これ。

あさはなの漢字50問テストは、1問2点で90点以上が合格それ以下は再テスト。90点とれるまで再テストをします。

と、聞くと、「アナタ、どれだけスパルタな・・・」と、ヒカレルかもしれませんが、そんなことないんです
ちなみに、昨年の6年生、1学期に再テスト1人2学期、3学期は、0人でした。(^-^)/

どんな方法でしていたかを、少し書いてみたいと思います。

(1) 漢字の家庭学習について
 まず、普段の漢字の宿題について少しまとめたいと思います。

教科担任制のやりにくい点は、自分のクラスでない場合に、補充学習がとりにくいことがあります。
自分のクラスなら、ちょっとの休み時間にも「ちょっと○○くん・・・」とかって呼び寄せて個別指導したり、ちょっと直しをさせたりできますが、別のクラスとなると、そうもいきません。

ということで、私は漢字ノートの宿題は、一問一問、全てに添削を入れていました。言えない分、ノートにいろいろと書いて伝えたかったので。
合っていれば○、違っていれば直して、それを今日の宿題の時に一緒に直してもらいます。

もちろん自分のクラスのも同様です。他のクラスへ行く分、自分のクラスでの時間も減るわけなので、その辺は少し意識が違ってきます。

ノートには、1ページごとに点数をつけていき、「100点たまったら○○」、というように「漢字貯金」をしていました。直しをしていないとそこで点数が止まるので、お子さんたちは必ず直しをしてくるようになります。

普段個別指導が行き届かないと感じていた分、点数を1つの目標にしながら、着実に誤りに気付かせ、定着するようにという思いから、ノートの添削は大事にしていました。

2学年分の漢字のノートを毎朝猛スピードで見ていたので、子どもたちから「せんせー、すげえな~~。」「ありえん速さやろ~~」などと言われていました(笑)

① 新出漢字をドリルで練習
② 熟語、短文を書く練習
③  同じ
④ ドリルの書き写し
⑤  同じ
6日目 小テスト

だいたいこんな感じのペースで続けました。②、③のころになると、漢字のノートを見る中で誤りの多い漢字があったり、読みが間違っていたりするものが出てきます。

(例) よみ「げんいん」を「げいいん」と書いている。
    書き「準備の備」の縦画が多く、横画が少なくなる。 など

そういう文字については授業中に取り上げて説明をしました。
ノートの出来具合などを見て、練習量を調整し、小テストへとつなげます

こんな風に、毎日の練習を重ね、学期末がやってきます



(2) 漢字50問テスト対策

①プレテスト
 まず、漢字テスト実施の一週間以上前に、テストの予告をします
 そして、まずは「今、自分がどれくらい点がとれるか?やってみよう~」ということで、「プレテスト」をします。

 この、プレテストは、実は本番のテストと全く同じ漢字を別のプリントに作り直したものです。
 子どもたちは、練習だということで、わりとリラックスして受けます。
また、この時にはあまりできない実感があるお子さんも結構多いのですが、練習だということで安心し、本番までにどれくらいがんばればよいか、見通しを立てます。

② 練習

 プレテストは採点をし、答えを配布して、自分で訂正をさせます。授業中に100点の状態にしてしまいます。
 そして、テスト当日までの漢字ノートの宿題は「テストべんきょう」ということで、このプリントから宿題をさせます。

 やり方は自由。本人の工夫で取り組ませます。(例は言いますが)
 間違った感じをくり返し練習してくるお子さん。
 初めから順番に、とにかく書いて練習をしてくるお子さん。
 ほぼ合格ラインなので、間違いやすい漢字を使った熟語などを調べて書いてくるお子さん。
など、やり方は様々です。日によってやり方を変えてきたりもしています。

③ 本番

 そして、本番のテストです
 特に気になるお子さんについては、テストを小さく折って、10問ずつ見える状態にして提示することもあります。50問がバ~ンと見えてしまうとプレッシャーが強くて書けないお子さんでも、少しずつ見せることで落ち着いて取り組めていました。

結果は、前に述べたとおりです。子どもたちにテストを返す時には、「やった~!」「お~~っ、セーフ~」などと、6年生でも、もらう前にはドキドキし、受け取った時には大喜びしています。

そんなのテストじゃないのでは??と思われる方も多いと思います。

でも、習熟度を見たいなら、実はプレテストで見れるんですよね。
そこでお子さんの躓きや誤りの傾向、自分の教え方の問題点など、ある程度見えてきます。
自分自身の反省や分析は、主にはこのプレテストを見て、やっています。

要は、お子さんたちに漢字が定着するということがねらいなのですから、練習をして、テストの時に習った漢字のうちの50問がほぼ書ける状態になれば、ねらいがほぼ達成されたといえるのでなはいでしょうか?

ふつうに一発本番のテストをしても、きっとどの先生もそれで終わりにはせず、きっとその後にテスト直しをしたり、再テストをしたり、宿題を出したり、とやっておられることだと思うんです。

同じ練習するなら、いやな思いをひきずりながら取り組ませるよりは効果的かな?と思ってやっている方法です。

苦しい思いだけを繰り返し、漢字嫌いなお子さんを増やすよりはいいんじゃないでしょうかね・・

DSC00297_convert_20110713215904.jpg

写真は記事の内容とは直接関係ありません。
スポンサーサイト

| 通常学級、授業づくり | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

楽しい♪♪

その昔、漢字1000字とか毎日書かされていた頃を思い出しました。
テストでは良い点を取れるようになりましたが、毎日が苦痛でしかなかったです。
報酬制しかりプレテストしかり、確実に次につながるし
何より取り組む楽しさを感じながら出来ることが素晴らしいです^^

| nikosora | URL | 2011.07.14 08:22 |

Re: 楽しい♪♪

nikosoraさん♪ こんにちは~。
コメントありがとうございます。
漢字テストネタは、いつか書こうと思っていました。

テストをすること自体が目的じゃないのですよね。

漢字を少しでも覚えてくれるために、少しでも意欲的にできたら、と考えてました。
だって、繰り返し作業を毎日毎日行った結果がサンザンだったら・・・そりゃ好きにはならないんじゃ?って思いますもんね。
ほんの一例ですけど、何か伝わってほしいなと思っています。

| asahana73 | URL | 2011.07.14 22:20 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。