--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.02.21 23:04

先日、子どもたちにものの順番を考えるってお話をしました。

よく、授業の終わりの挨拶などをする時に片付けをしていたら、「みんなが待っているよ、自分のことは後にしましょう」といわれることがあります。
友達がそうしていたら、「早くして!と言ったりするのに、自分が遅れている時にはみんなが待っていても、とにかく最後までしてしまう。なんてことがあります
こういう行動は、一見「わがまま」「勝手」と受け取られがちで、友だちから非難されたり先生からも注意を受けたりしがちです。
先日、交流学級の担任からも、なかなかここの行動が修正できない、と聞きました。

ASDの特性である、「こだわり」かもしれないし、同じ順序で流れなくちゃならないというパターン化かもしれないです。
でも、私は普段の子どもたちの様子などから、この場合には、
何を優先したらいいのか?ということがわからなくなっているんじゃないかなあと思いました。
もしかしたら、ちゃんと自分のことをやっているのになんでみんなから責められるのか?混乱しているかもしれません。

そこで、こんな話をしました。

①みんなのことを考える。みんなのために、がんばる。
②自分のことをがんばる。


物事がうまくいくのは、①を優先した時の方が多いです。
迷った時には、①を大事にしたほうがいい場合が多い。


学年が小さい時には、②を優先する子が多いです。でもこれは当然なんだよ。
まずは、自分のことができることが大事だからです。小さい時は、自分のことができるようになることが大事なのです。
でも、学年が大きくなってくると、ちょっとずつ①を優先できるようになってきます。相手の気持ちを理解できるようになるし、何よりそのほうが、人とうまくいくことも多いからです。

みんなは、一年生の時、ランチルームの給食でも六年生の子が手伝ってくれたよね。牛乳パックのたたみ方がわからなかったり、できなかったら、六年生は自分の給食が終わっていなくても、すぐに手伝ってくれたよね?そういう風に、自分のことは後回しにして、お友達や小さい子のことを助けてあげられるようになります
こんなふうになることも、成長する、っていうことなんですよ。

少しずつ、①を大切にできるようになれればいいよね。

といった具合です。

4時間目が終わりました。すぐに給食なので、給食当番はランチルームに行って給食の用意をしなくちゃならない。
でも、支援学級のスケジュール黒板を張り替えようとしていたり、黒板を消そうとしていたりして、なかなか教室を出ようとしません。
そこで、さっきの話をしてみました。

「ほら、早く行かないと、給食当番だよ。給食当番は、2年生みんなのためのお仕事だよ。支援学級のスケジュールは、ぼくたち3人だけのこと。スケジュールは、お昼休みでも明日の朝でもできるけど、給食当番は今しなくちゃみんなが困るよね。どっちを大事にしたらいいかなあ?」と。

聞いていた子たちが、すぐに「行ってくる」と、教室を出ました

やっぱり、しなくちゃならないことが一度にありすぎて、何を優先したらよいかがわからないのかもですよね。

そういう目に見えにくいことは、見えるように可視化したりしながら、ちゃんと整理してみるととてもわかり易く理解できるのではないかな〜と想います
担任にも話をして、同じように教室でもお話をしてもらいました。

「なんでこの子は・・・」「なんでこんなこともできないんだろう?」と嘆くばかりではなく、特性を理解しつつ、やっぱり、行動の理由を考えることが、支援の始まりだと想います


スポンサーサイト

| 特別支援学級経営 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。