--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.06.17 23:09

さて、前回のアップから約一ヶ月もご無沙汰してしまいました

2週続けて、大阪医科大学LDセンターの研修会に参加してきました
① 「ライフサイクルにあわせた公的機関の役割とその利用」 松本恵美子先生
② 「発達障害のある子どもの感覚と運動の課題」  岩永 竜一郎先生
③ 「発達障害の子どもにみられる視覚能力の問題とその指導」 奥村智人先生 増本利信先生

それぞれに、興味深く、とてもいい研修会でした

① 「ライフサイクルにあわせた公的機関の役割とその利用」 松本恵美子先生
 松本先生の研修では、就学前、就労など、学校現場の私たちが直接関わることの少ない公的機関のお話を拝聴しました。
  なかなか聞くことのできない情報もいろいろありました。悩ましいところや、もっと私たち学校現場の者が忘れてはいけない視点などもご示唆くださったと思っています。
  印象に残ったのは、お子さんに関わる現場で、SENSの仕事は大きいとおっしゃっていたことです。
  発達検査をとり、その上で実際にどんな支援が考えられるか?といったところまでしっかりとアセスメントできる資格として、SENSの役割は大きいんだというようなことをおっしゃっていて、改めて自覚をしました。今後もがんばっていかなくちゃなと思いました。私たちの頑張りが、さらにそういった評価につながるし、SENSが活躍することは、発達障害のあるお子さんや成人の方の理解に貢献することなのだと思います。頑張らなくちゃと思いました。

② 「発達障害のある子どもの感覚と運動の課題」  岩永 竜一郎先生
  岩永先生の研修は、いつもながら盛りだくさんで、あっという間に時間が過ぎました
  自発的な要求のないお子さんが、岩永先生の関わりの中で少しずつ変化していく様子を見せていただき、その先生のあたたかいかかわりや、的確なアセスメントと支援の様子には、勉強になることがたくさんでした
  書字や算数の問題が、協調運動や視覚運動と関係している可能性があるというようなお話もあり、本当に「感覚」の問題は大きいと思います。
  最近は、自閉症児の感覚の問題はずいぶん広く知られるようになってきていますが、まだまだ知られていない部分もあるのだろうなあ、と思います。
  
  岩永先生は日帰り神戸ー長崎。近いですね〜長崎 笑。 神戸空港までお送りさせていただきながら、いろいろお話もさせていただきました
  あんな話やこんな話・・ここには書けませんが・・・笑 とにかく楽しい時間でした

③ 「発達障害の子どもにみられる視覚能力の問題とその指導」 奥村智人先生 増本利信先生

 奥村先生と増本先生のお話は、私もいろいろ研究させてもらっている「視知覚」の内容だったので、こちらもまた、楽しく参加してきました
  奥村先生の話は、いつもながらしっかりと研究にもとづいていて、なるほど〜、と納得しながら拝聴しました。マニアックでアカデミックなお話でした。そういう裏付けに基づいた実践が大切なんですよね
  増本先生の話は、いつもながら豊富な実践のお話で、これまた楽しく見せていただきました。
  やはり、日々の記録を大切にしていらっしゃるところや、限られた時間の中でしっかりとアセスメントをし、指導の計画を立てながら、きっちりと指導なさるところなどは、すごいと思います。見習うべきことが、動画のなかにたくさん含まれていたと思います。

  終わってから、「鶴橋」で焼肉うちあげでした
  おいしかったし、安かったのにびっくり。そして、ここでもまた、あんな話にこんな話・・盛り上がりました 笑。
  ほんと、楽しいひとときでした。こうして、いろいろな方とつながり、刺激を受けることができ、ありがたいです。
1017069_483791348364044_1554001366_n.jpg

  
大阪医科大学LDセンターの研修会はまだまだ続きます。 今後も、興味深いものがたくさんあります。また、機会あるごとに参加させていただきたいと思っています。
  
スポンサーサイト

| 研修会、学習、SENS | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。