--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.03.15 20:45

卒業式の予行も終わり、本番まであと少しです。
卒業式の参加に際しては、次のような工夫をしてみました。

① 写真をとりながらの、ほめほめ大作戦
② 手持ちプログラム
③ 上靴の工夫
④ 座席の工夫


① 写真をとりながらの、ほめほめ大作戦

毎日、練習の時に写真を撮っています。カメラを向けると、姿勢を意識してよい姿勢で座ろうとします。
そして、その良い姿勢を写真に撮って、教室でそれを見ながら振り返りタイムです。
当然、よい姿勢の写真を撮るので、褒めるところが多いです。
そうして、ほんのちょっと、次に頑張るともっとよくなるよ、というところもアドバイスとして話をするようにしました。
そして、わかりやすいように点数で話をし、毎日の頑張る目標となりました。
100点!となったときは、とても喜んでいます。

私たち指導者は、ちゃんとしないといけない!という気持ちが強ければ強いほど、「もっと!」「もっとこうしなくちゃ!」と思うためにどうしても「ここがダメだな」「まだまだできていないな」というようなところばかりが目についてしまったりして、どうしてもダメなところを指摘するばかりの指導になりがちです。
もちろんそこを自覚させることも大切ですが、そればかりでもダメですよね。

この写真を撮って見せる、という評価の仕方は、「いいところ」を褒めるのにとても有効でした^^
褒められるほうが、よほど、がんばる意欲もでますよね。わかっているけどなかなか難しかったりするものですが

② 手持ちプログラム
 式次第を、もう少し具体的に書いてもたせています。これを見ながら、全体のどのあたりまで終わったかを見て見通しを立ててがんばっています。わかっていても、この1枚でより安心できるのなら、持たせて参加するのもアリですよね。

③ 上靴の工夫
もともと股関節の緩さがあるお子さんで、それもあって、よく足を揺らしたり動かしたりします。そうするとどうしても音がしてしまっていました。

IMG_2909+-+コピー_convert_20130315201417


学校の予備の上靴に、100均で買った靴のインソールを、靴底の裏にはりつけました。少々なら動いても音がしないので目立たないし周囲から注目されることもなくなりました。これなら、少しの動きは許容されます。
実際、これは苦痛を少しやわらげているようで、幾分楽に座っていられます。式の間だけ、これを履いて参加してもらっています。

④ 座席の工夫
100均で買ってきた荷物の滑り止めシートです。これを切って椅子にひいて座っています。
姿勢の保持が難しいお子さんですが、これ一枚あることで、席からずり落ちないし、いくぶんしっかりと座っていられるようでした

                          IMG_2885_convert_20130315201323.jpg



歌は大好きで大きな声で歌っているお子さんなのです。
それなのに、周りからちゃんとして、って注意されたり、友だちからジロッと見られたりして、これはちょっと、なんとかしたいな〜と思っていました。

少しのサポートで、式への参加が単なる苦行とならず、卒業をお祝いする気持ちで参加できるかもしれません。そう思って、日々ちょっとずつアレンジを加えたり、工夫をしています。

お家では、式の練習が始まってから、一人あそびに没頭することが多くなり、疲れた様子が見られるということです。ゆっくりとお風呂に入ったり、早めに布団に入らせたりと、おうちでは保護者さんがしっかりとサポートしてくださっています。

この卒業式が、また、忘れられないいい経験となって積み上がっていけばいいなと思います
スポンサーサイト

| 特別支援教育コーディネーター | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。