--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.12.11 23:13

めっきり寒くなり、朝はうっすらと雪が。タイヤもスタットレスに替え、冬支度です。

さて、先週、あさはなの学校では、学習発表会がありました。
1年生は 劇をするということで、支援学級のお子さんも一緒に参加でした。

台本をもらって、みんなで読みあわせをし、その後配役を決めました。
何がいいか希望を聞くと、うちのお子さんは2人とも「子ヤギ」の役がいい、ということでそれになりました。

セリフの内容やタイミング、量などを交流学級の先生と相談しました。

少しタイミングがとりやすいセリフと変えたり、量も調節したりして、参加できやすいようにアレンジしてもらいました。

一人のお子さんは、自分のセリフはもちろん、他の子のセリフまですべて覚えてしまいました

そして、誰かがセリフを忘れていると、
「○○くんだよ!」と大きな声で教えたり、
誰かに「○○くんじゃない?」と間違えて言われたら、
「ちがうよ。今はボクじゃない、○○くんだよ。」とムキになって言い返してしまいます

そして、自分はどのセリフをどこでいうのかをその子に対して一生懸命説明し始めたりして、
劇が止まってしまいます

「セリフじゃないことを話をしてはいけません」
「誰かが忘れていたら、小さい声で教えてあげましょう」
「すぐに教えてあげなくていいから、待ってから思い出せなさそうなら、教えてあげましょう」
と、交流学級の先生から指導があります。

これが、なかなか難しかったようでした

私は、そのお子さんに、順序をつけて教えてみました。

大事なことの順番
① みんな、セリフだけを言うこと。(セリフじゃないことはしゃべらない)
② 次○○くんだと思ってから、5つ数えるくらい、待つこと。
③ 教えてあげたいことができたら、5つ数えたあとで小さな声で言うこと。


急には無理でしたが、ちょっとずつできるようになり、
小さな声で「・・・だよ。」とセリフを教えてあげるようになりました。


しばらくして、徐々に小道具が増え、本番に近い形になってきました。

まず、「子ヤギ」に見えるように「耳」がつきました。
カチューシャ型の耳なのですが、すぐに外れてしまいます。自分でつけ直すと、耳が後頭部になったり曲がったり・・・。

そこで、とにかく外れないように、ピンをつけたり、
どこにつけるのか、私が頭に触れ、そこを自分でも触らせてみて、つける練習をしました。


足には、「毛」のフサフサしたレッグウオーマーみたいなのをつけました。

DSC03439_convert_20111211214413.jpg

でも今度はそれが気になって、ずっと触っています
ひっぱったり、毛をむしったり下の方にぎゅーっと寄せたり、引っ張り上げたら上過ぎたり・・・。

そして、気にするあまりに自分のセリフを言えなかったり移動するのを忘れたりしてしまっています。
そうなると、「触りませんもちろん、注意を受けます

「これはまた、なんとかしなくちゃなあ~・・・。」
と思いました。
本人に聞いてみると、
「気持ち悪い」、
「本番終わったら、外してもいいの?」
だいぶイヤなんだろうなあ、ということが伝わってきました。

そこで、毛が直接あたらなくて、どの辺にはいたらいいのかが分かりやすい方法はないか?と考えて・・・。
>靴下にぬいつけることにしました。

ただ、自分たちの発表が終わったら、すぐに制服になって鑑賞することになります。
これを脱いで、自分の靴下に履き替える時間が無さそうです。

なので、自分の靴下の上から重ね履きができるように、大きめの靴下に縫い付けてみました
これなら、「脱ぐ」だけでいいので、少しでも速くできそうです

これがマッチしたみたいで、履いて練習をしていてもまったく触らなくなりました
「よし、これでいける~」
と思って、本縫い。しっかりと縫い付けました。

ついでに、一人で脱いだり履いたりができるように、靴下の内部に、持つところに「緑」前になるところに「茶」の印をつけました。

DSC03436_convert_20111211214348.jpg

ちなみに、「みどり」はお子さんたちが好きな色「茶」は、前なのでもし見えても目立たないように、肌の色に近い色と思ってこの色にしました♪

発表会の途中には、私がついていられないことがあるかもしれないので、「自分でできるように」と思いました。

本番の2日前くらいから先生や他学年に見てもらい、本番に近い練習もしました。

当日の朝は、大きな声でケンカをしたりして、ちょっとテンションが高め

午後の学習発表会まで、覚醒を整えるためにトランポリンを跳んだり、お話タイムでたくさんお話をしたりして過ごしました。

いろいろな準備をして迎えた本番

大きな声で歌を歌い、セリフも順番通りに言い、最後まで集中して参加できました!
私は舞台そでで音響をしながら見ていましたが、ちょっと涙が出そうになりました。

次の日、お家の方からのお便りに、
「みんなと一緒にがんばっている姿に感動しました」というようなお言葉をいただきました
また、お父さんにはビデオで見てもらい、「がんばったねえ」と褒めてもらったとこのこと。
普段あまりほめることのないお父さんに褒めてもらったことでとても大きな喜びになったということでした

一人ひとりががんばっている姿を見てもらうことは、たしかにハードルも高いですが、できた自信もまた大きいなあと実感しました。
交流学級の先生も、それほど怒ったりせず、いろいろと方法を考えてくださり、ありがたかったです。

帰る時、私の手をにぎってくるお子さんたち。抱き着いて来たり、ニコニコと微笑みかけたり。きっとお子さんたちなりの、嬉しさの表現なんだな、と私には感じられました。

ASDのお子さんは、時に雄弁で、学習も得意な分野で力を発揮するために、「何でもできて当たり前」とみられてしまったりします。なのでできないことがあると「なんでこんなことができないの!」と怒られてしまったり、自分でも「なんでできないんだ」と思って、自信を失ってしまったりすることがあります。

だからこそ、みんなに認められたり、自分自身が「できた」という気持ちになることは、きっと今後に大きな力となるのではないかなと思います。


スポンサーサイト

| 特別支援学級経営 | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。