--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.08.03 10:27

さてさて、病状です。
昨日痛い痛い抜糸を終え装具に変わりました
DSC01804_convert_20110803091848.jpg
こんな足になりました。腫れも、おかげさまで徐々にひいてきています

DSC01805_convert_20110803091743.jpg
角度を30度から60度の範囲で曲げていきます。少しずつ可動範囲を広げていくようです
知人情報によると、120度まで行けば退院できるとか!?!?
まだまだ先の話っぽいけど、がんばります
まだ足を地面について加重をかけるのはダメだそうです。


さてさて、大部屋にかわって3日目
だんだん見えてきました~人間模様
となりのおばちゃん、めっちゃコワイ

まず驚いたのが、朝、私のとこのカーテンを勝手に開けたこと。
「え?
着替えてるのに~~・・・
朝はこうするもんよっ!ってな感じ!?! ヒエ~、コワイ~  ぶるぶる
気づいたはずやのに、あやまらんし~

同じ部屋のおばあちゃん同士で、仲良く楽しそうにワイワイしゃべってるな~って思うのに、その人が出てったとたん、
悪口のオンパレード

昨日退院してったおばあさんのことは、
「おったらおったで、ウザイけど、出てったら出てったでおもろくないなー」
と。 ウ、ウザイってアンタ・・・。子どもになら注意するよ!?そんな言葉使ったらー。

昨日は、夜イライラして、舌打ちしては詰所に何やら言いにいって。
挙句の果てには、苛立ちまぎれに部屋の電気をばちっ!!と消す。
「え?・・・まだ8時ですよ? 消灯は9時ですよ・・・」
とは言えるはずもなく

ん~~、いつまで入院されるのかな~;;
ちょっと特性あられる方です。

昨日は、病院を探検
ちょこちょこっと、写真をとらせていただきました♪
ちょっとした視覚支援のあれこれ

DSC01807_convert_20110803091508.jpg
レントゲン室って、入口らしきところが数か所あって、「ここかな~」って思ったら必ずといっていいほど、「関係者以外 立ち入り禁止みたいなことが書いてあって、「どこで待ってたらいいのか?」と不安になることって多くないですか?

この病院は、廊下の角にこんな指示があります。
反対側にも入口があるんですけど、こうしておけば、「お~こっちなのね。」とちょっと安心して待ってられますね

DSC01808_convert_20110803091405.jpg
この病院は数か月前まで土足はスリッパに履き替えるシステムだったようです。その名残?か、今でも玄関にはスリッパが並べられています。そのスリッパを見たら、「はきかえよう。」と思うのが人間。私もそうしようと思った瞬間、この張り紙が目に飛び込んできました。
それなら張り紙するよりこのスリッパ片付けようよ と思ったけど きっと何か理由があるのでしょう~(あるのかな?)
「あら、はきかえなくってもいいのネ・・・」と周りの患者さんの足元をそっと盗み見(ヘンタイじゃないですよ)てみると、みなさん靴のまま。なので安心して土足でズカズカと入ることができます。(ズカズカ入る必要はない

DSC01811_convert_20110803091110.jpg
一番、「お~」と思ったのがエレベーターのボタンです。
みなさんは、 とか  のようなマークをみて、どっちが「開く」か間違えることありませんか?
あさはなは、結構迷います
 
この病院、ちょっと乱暴ですが、「ひらく」「しまる」って、ペンで書いてあります。こうすると、間違えませんよね
特に病院は、歩行器や松葉づえの方が多いため、エレベーターの乗り降り危険です。
モタモタしていたら挟まれるし、開いてて欲しいのにボタンを間違えて閉めてしまって、患者さんをケガさせては大変。この表示は大切ですよ~。もっとちゃんと書いて欲しいくらいのもんです。消えかけてるもんネ・・

DSC01812_convert_20110803090958.jpg
そして、最後に。
この病院、本当に絵がたくさん飾ってあります。特に気にしてなかったのですが、母親がチェックしておりました。
「ここの病院、絵がいっぱいやなあ」
「なんでいっぱいあるか、わかったで!絵になあ、○○って名前が書いてあったわ。これって、院長先生が描いたんちゃう?」

病院って、特有の消毒っぽい臭いがしたり、清潔感いっぱいなんだけど殺風景、みたいなのが普通ですよね。それはいいことなんだけど、病院が苦手、ここに来たら痛いコワイ思いしかしない、とインプットしてしまった発達障害のお子さんなどにとっては、ここで受診させることも、大きなハードルだったりします。

 これだけでも随分雰囲気がやわらぐものだなあ・・・。と思います。
ナイスなご趣味をお持ちの院長先生。看護師さんも人間味あふれて面白い。
ヒト、モノ、患者にとっては見るもの聞くものいろいろな情報が、「いいもの」として入ることが、心の安定にもつながり、治癒にもつながるんじゃないかな~~。
少なくとも、体の調子が悪くて来ている人ばかりなんだから、ほっといてもネガティブな心理状態に陥りがちですもんね。

患者さんはさておき(笑)、小さな個人病院ですけど、なかなかいいんじゃないかな??
な~んて、ミシュ○ンみたい 勝手に採点しちゃいました~(汗)

長々と失礼しました;;

スポンサーサイト

| その他 | コメント(6) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。