--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.04.21 22:53

支援学級での授業も、少しずつ始まっています。

先日、支援学級の名前も正式に決定しました
今回、何年かぶりで、本校に新設される支援学級。子どもたちはどういうものなのか、全くわからない状態だということもあったので、まず全校児童に知ってもらい、自分たちの学校のクラスの一つなんだという意識ももってもらいたいという願いから、支援学級の名前を公募していました。
先生方の理解もあり、全クラスで時間をとってくださり、おおまかな説明と共に、名前を考えてくれました。
いろいろないい名前が挙がってきたのですが、その中から職員で話し合い、最終決定をしました。
さわやかで、明るい感じのするとてもいい名前です♪
こういう取り組みに協力してくださり、お子さんたちの意識づけをしてくださったこと、ありがたいなと思いました。
PTA総会で、学校長より紹介をしていただくことになっています


ところで、支援学級での生活のリズムも少しずつ定着してきました。
しかし、前回述べたように、なかなか慣れないところではトイレに行きにくかったり、新しい行事などが多いので、1日のスケジュールが描きにくく、不安が強いのか、何度も同じ質問を繰り返したりしているお子さんたちです。
支援学級で、やはりまずは一日のスケジュールの確認をします。これは本当に大切だと感じています。
授業中にも、この時間にすることは初めに告げ、一つ終わるごとに消すようにしています。45分間を10~15分の小さな区切りにして授業をしています。


スケジュール

授業中には必要ない視覚情報はなるべく排除し、スリムに提供していくことが必要だと言われますが、あさはなの学級でもその通りで、いろいろな情報が目の前にあると、ふいにそちらに集中が向いてしまい、時間割を読み上げるなど、今するべきことがわからなくなる様子が見られました。
そこで、授業の時には、このスケジュールをカーテンで隠すようにしました。
前回までに述べたように、新設の学級のため、備品などが全くそろっていない学級;;
このカーテンは自作です(笑)。100円均一で買ってきて作りました。なんてことはないものですが…
でも、なかなかいい感じで、こんなもの一つで、授業にすっきりと集中しやすくなりました

DSC00272_convert_20110421214728.jpg

また、先日校内委員会を開き、今年度の特別支援教育について話し合いを持ちました。
適正就学指導研修会の開催、学期に1回の校内研修の実施。支援学級の授業公開研修。夏季研修についてなど、年間の計画を提案し、了承していただきました。
また、コーディネーターとしての役割を再度確認していただきました。
担任も変わり、新しい生活にとまどっているお子さんたち、行動面で特性が目立ってきているお子さんなど、少し変化も見られている校内です。教室観察や保護者との面談、心理アセスメントの実施や関係機関との連絡調整など、支援の具体的な方法なども紹介、認識していただいたと思います。
今年度も、何ができるかを考えながら取り組んでいきたいと思います。


| 特別支援学級経営 | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。