--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.01.15 00:55

1月17日は、忘れてはいけない日です。
そう、阪神淡路大震災の日。1995年1月17日月曜日、午前5時46分 たった数十秒の大きな地震が、一瞬にして多くの被害をもたらし、6434人の尊い生命を奪った大きな地震でした。
今日は、教室でビデオを見ながら、防災の授業をしました。

今、震災障がい者の問題が明るみに出てきています。震災後、身体に障害を受けた方のうち、認められた方は非常に少なくhttp://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003734417.shtml、認定されていない人への支援が問題となってきています。震災から16年もたって、ようやくそういうところへ視点が向いてきたというところなのでしょうか。しかし、当事者たちにとって、なんという長い時間が過ぎてしまっているのでしょう。これだけ世界中で大騒ぎになった災害であるのにもかかわらず、未だ課題が多い現実がここにはあります。
まだまだ、震災は終わっていないのです。

この土日から月曜にかけて、ニュースではたくさん震災関係の報道がなされることでしょう。震災を知らない子どもたちですが、兵庫県に育つ者として、少しでもそういうニュースを目にし、自分たちの防災意識について見直す機会としてほしいという思いから、今日、授業をしました。

被害の状況や、当時の子どもたちの作文などから、追体験をしたあと、もし自分たちの地域で、今、地震が起きたら・・・という仮定で、避難場所や、家族との引渡しについて、休日ならどこに集合するか、など、家族会議で話し合っておくべきことを考えました。
今、自分たちにできることが、いろいろとありそうだということを再確認することができました。
学校評価のアンケートなどからも、意外に災害についての話し合いをしている家庭は多くない実態が本校にはあったので、1年に1度、この機会に、という動機づけになればいいと思います。
月曜日には、PTA行事で防災訓練を予定しています。
毎年、同じ時刻に黙祷をささげ、追悼式典が行われます。
真っ暗で、うその様に静まり返っていたあの朝を、フラッシュバックのように新鮮に思い出します。
一年に一度、共に考えることができる日になれば、と思います。








スポンサーサイト

| 通常学級、授業づくり | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。