--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.05.22 22:35

最近、大学でいろいろな支援グッズを見せてもらったり、実際に使うことを考えたりという機会があります。

先日はこのグッズを見せていただきました。
「ボイスそろばん」

小学校の算数ではそろばんの授業があります。
普通のそろばんは、たまが小さいです。
また、速く計算するために滑りが良いので、はらったりするのは気持ちよくできるのですが、手先に不器用さがあったり、慣れない時には自分の意にそぐわずたまが動いてしまったり、パッと見て数が読みにくかったりします
この「ボイスそろばん」は珠の動きが適度に固いので、指にフィードバックが強く、動かしたかどうかの感覚が入りやすいです。
また、一つ動かすとその数を声で読み上げてくれます

これいいなあ〜

と思いました。何も、そろばんの授業だけでなくて、「足し算」「引き算」の指導にも使えそうです
具体物から半具体物に移行するときにこれを使えば、一対一対応で珠を動かすことや、すぐに声でフィードバックを返してくれるところを利用して、計算のしかたを学ぶのに使えそうです

値段もまあ手の届くところだと思うので、よさそうです。

また、「英語」モードもついていて、数を英語で言ってくれます。これもいいですね〜。
ハマる子はハマるなあ〜と思いました

これは視覚支援学校などで使うことがある、ということで見せていただいたのですが、通常の学級でも使えるなあと思いました

「口で言えれば漢字は書ける!」

また、この先生が指導する、盲学校での漢字指導の特集を見ました。
点字は、音声表記になり、通常の点字には漢字がないため、「意味」に結びつかなかったり、同音異義語の理解が難しかったりすることがあるそうです。
そのため、意味を持つ「漢字」を学習することで、言葉の意味理解を助け、語彙を増やし、パソコンなどでも漢字かな交じり文を書くことができるようになるそうです

その学習風景を見ていて、通常学級の漢字指導にも共通した工夫は考えられるなあ〜と思いました。

聴覚から、「イチ クチ ソ イチ に イチ ノ 目 ハ」=頭 だったり、「豆におおがい」だったり、段階に応じて、口で言いながら覚えていました。
徹底した覚え方のコツがあり、子どもたちはスラスラと言っていました
また、漢字の成り立ちや意味から、理解を促していました。

今、特別支援学校のセンター的機能 などと言われ、小・中学校や高校との連携を図る取り組みが各地区でなされています。
特別支援学校でなされている、こういう授業の工夫やノウハウの中から、通常学級の支援の工夫に活かせるものも、まだまだいろいろあると思います。何もその通りにする、というのではなくて、そういう「視点」をヒントに、アレンジできるな、と思うのです。
また、逆もあると思います。通常学級の先生方の、集団を育てる指導からも、「視点」をもって見ていただくことで、各校種間の交流及び共同学習が進む可能性もあるのではないかなと思います。
同じものでも、見る人によって見え方が違う。
そしてさらに、意図をもって見ることで「見えるもの」が変わる。そんな「視点」に幅をもちたいなあ と思います

スポンサーサイト

| 教具・教材 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.12.19 21:36

この1ヶ月ほど、むちゃくちゃに忙しくて、ちょっと遠ざかってしまっていました
気がつけばもう、2学期も終わりです。忙しかった~~~、というのがまず感想です

さて12月に入り、国語の学習では「冬のことば」集めをしました。
1年生は、たくさん見つけた冬の言葉を仲間分けをしました。
2年生は、冬の言葉をテーマにして、「詩」を書きました。
その後、それぞれ、「イメージ」した冬を絵に描いて、カレンダーを作りました。

IMG_1775_convert_20121219204536.jpg


絵を描いているうちにどんどん没頭し、紙面いっぱいに細かな絵を描くAくん。
バランスを考えたり、こんな感じ、というのを絵にしようとするBくん
イメージはあるのだけど、なかなか絵にしにくくてちょっと苦手意識のあるCくん。

それぞれ、持っている長所も課題も違います。
そんな子どもたちも、
「8月はなあ、プール行くんやで」
「11月は、秋~ どんぐり」
「9月は、なんやろ~。あ、運動会や!」

などとイメージを広げるときにはそれぞれが意見を言い合って、楽しく活動ができました。

IMG_1779_convert_20121219205104.jpg

                      IMG_1784_convert_20121219205129.jpg


初めは、1月分だけ3人がそれぞれ作って持って帰ればいいと計画していたのですが、
子どもたちが思いのほか楽しかったようで、「家に持って帰る」のも楽しみになって、

どんどん、「次も作る」「次も」「次も」・・・となってきたので、分担を決めて描きました

できあがったものは、スキャナで取り込んでプリントアウトし、2013年カレンダーとしました。

当初の予定にはなかったのですが、こうやって書き上げるとなかなか上出来です。

ただ、どうやって閉じるか?ちょっと考えました。

子どもたちはカレンダーをめくるのが好きです。
月が変わると、すぐにめくります。
あの、「バリバリっ」と感が気持ちいいのと、
新しい絵が楽しみなようです

なので、その「バリッ」と感も味わえるようにしたいな~と思いました。

まず、上部を「仮止め用のり」で重ねていきました。でっかい「ふせん」状態です。

そのままだとちょっとした拍子にバラバラになりそうだったので、ホッチキスで両端を止めました。
そして、リボンをつけて完成

これなら、ちょっとした「バリッ」と感も味わえるし、ちゃんとひっついていそうだし、絵の上部も隠れません。


各クラスにも貼ってもらおうということで、先生方に持って行きました。
「なんて言おう?」と考えて、
「カレンダーを作ったので、使ってください」「だいじにつかってくださいね」
と、持って行きました。

先生方からは、
「わー、いいのができたなあ!」
「これ、どこにかざろうかなあ~」
「○○くんが描いたん?」
などと質問をされ、その質問にも、
「そう、これをボクがかいたんや」
「みんなでな、・・・」

と、たどたどしいながら、一生懸命説明したり、答えたりしていました。

IMG_1795+(2)_convert_20121219205720.jpg


このカレンダー作りでは、「言葉あつめ」「四季の行事を知る、思い出す」「一年を見通す」といったような学習ができました。
また、先生方に持っていくことで、コミュニケーションの学習をしました。

一つの学習でも、いろんなねらいをもってできます。
こちらの意識一つで、この行事で、この題材で、何を教えようか、と幅広く考えることができるなと思います。

今回の学習は、子どもたちの興味や関心などによって発展していきました。
楽しくていい学習になったなあと思います

一年間、各教室でこのカレンダーが風にゆれ、子どもたちの目に触れ、役にたってくれるのだな、と思います^^

| 教具・教材 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.11.01 22:39

いよいよ、「くりあがりのあるたしざん」のお勉強に入ろうとしています

くり上がりやくり下がりのないたしざん、ひきざんは、ブロックを使ったり、指を使ったりしながら、
ずいぶんできるようになりました。その中でも、比較的小さな数の計算は、少し考えてできるようにもなってきています。

そろそろ、次の学習へ。ということで、「くりあがりのたしざん」です。

でも、その準備段階として、
まず、「10づくり」
の学習をしました

10になる仲良しさんを見つけよう。ということで、
「3と7で10」「4と6で10」
というように、ペアになる数字を見つけていきます。

まずは、視覚優位なお子さんの特性もあるので、数を量的に目でとらえていくために、ブロックを用いて学習しました

DSC02007_convert_20110905211911.jpg

10をつくります。「青」から1つ、「緑」から1つ、計2つを板の上に置いて、10をつくります。

DSC02001_convert_20110905211633.jpg

始めは、このように間に線が入っている方を手がかりにしながら入れたり、慣れてくれば、
              DSC02002_convert_20110905211700.jpg
線の無い方を向けていれたりしました。

上の1列が「5」下の列に「2つ」増えたら「7」だ。
とか、もうぱっと見て数が分かる。
というように頭の中に絵が出てくれば考えるヒントになりますよね。
イメージ化しながら覚えていきました。

このブロックは100円均一(得意の)で材料を買ってきて、作りました
四角い積み木をボンドでひっつけて色をぬり、間には片面だけつなぎ目に線をつけています。
そして、入れ物は、ぴったり入るように、木の板に、枠をつけました。

DSC02060_convert_20111101213948.jpg
ちなみに、小さいのも作りました。大きい物から小さい物へ変えていっても、手先の不器用さの練習にもなるかなと思います。これも100円均一で、椅子の足とかに貼る、床の傷防止シールみたいなのを買って作りました。
コルクの四角いシールに色を塗っています。 入れ物は画用紙と段ボールです(笑)。


この、ぴたっと入る感覚が、「合わせて10!」っていうのを感覚で覚えられるって感じ。
これはよかったです
いつでも遊べるように、プレイエリアに置いているので、遊びで触ったりもしています。



そして、これを数字につなげていきました。

DSC02680_convert_20111101210301.jpg

「7と3で10」
これを、

                 DSC02682_convert_20111101210323.jpg

こうして数字と一緒に置いて読み上げたりしながらつなげていきました。



そして、最後には数だけで、「10」を作ります。

DSC02675_convert_20111101210202.jpg

10になる、2枚のカードを2人で一緒に探して絵合わせゲームのようにしました。

DSC02676_convert_20111101210234.jpg

                     DSC02678_convert_20111101211439.jpg

2枚のカードがピッタリ合うかどうかが分かりやすいように、いろいろな切り方をしておきました。
ぴったり合ったら正解です

「3と7で10」「1と9で10」などと、ずいぶんぱっと言えるようになってきています

くりあがりの足し算には、
  8+5   ・・・  8に2をたして10  10と3で13
というように10を作る要素が入っています。

また、くりさがりの引き算でも、
  12-7  ・・・  10から7をひいて3 3と2で5

というように、10からひくという要素が入ってきます。

10づくりは本当に大切な基本なので、これはしっかりと学習していきたいと思っています。


今のところ、楽しく取り組みながら覚えることができてきてます

次の学習につながればいいなと思います。






| 教具・教材 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.10.08 11:29

体育祭が終わり、ほっと一息。ずいぶん涼しくなり、とても過ごしやすくなってきました。
改修工事でつけていただいたエアコンも、結局ほとんどつけることがないまま、よい季節に突入(^^)

ほっとするのもつかの間、今度は、美術展の作品づくり、学習発表会、見学旅行・・・、
いろいろな行事が次々とおしよせる2学期です

今回は、特にトピックはないのですが、普段の授業で行っている支援について、いくつかご紹介します。

① おりがみを折ろう。~紙を2つに折る~

 プリントをもらったら、2つに折って連絡バッグに入れる、なんてことは日常活動です。
 でも、不器用さがあったり、よく見えていなかったりすると、端っこを合わせることが難しく、うまく折れません
 
 
IMG_0412_convert_20110906225229.jpg

これは、100円均一で買ってきた「コルクボード」です。
ふちに色を付け、合わせるところを分かりやすくしています。

写真では見えませんが、下の2つの辺も、「あか」「あお」にぬっているので、
あお」→「あお
あか」→「あか

と折るように、目印にしています。始めはさらに、角にシールを貼っていました。

コルクのでこぼこが滑り止めになり、紙が滑って動いてしまうことが少ないです。
ふちのところの段差も、紙が動かないようにストッパーになってくれます。


                    DSC02004_convert_20110905211753.jpg

これは、前回のブログでもご紹介した、キングジムの「スーパーハードホルダー」です。
プリントを書くときに便利で、普段はこの面の多少のざらざら感が鉛筆を持つ手に感覚のフィードバックがあるので使いやすかったり、また、プリントをはさめるので動かなくて書きやすいということで、よく使ってます
今回は、このプリントをはさめる部分に「印」をつけています。
そこに合わせて折り曲げると、紙が動かないし、目印があるので折りやすいみたいで使っています。

DSC02005_convert_20110905211819.jpg

これは、先ほどの進化形です。色をなくしたものです。
少しずつできるようになれば、支援を外していき、無くてもできるようになればいいなと思います。

② リボンむすび

DSC02061_convert_20110909194630.jpg

リボンむすびは難しいのですが、運動会で結ぶ機会があったりして、ちょっとでもやってみようという気持ちになればと、ちょっと練習をしてみました。
まだ、うまくできませんが・・・。

できないこと、分からないこと、初めての学習、そういうものにはとっかかりが難しいので、
なかなか手につかなかったり、脱線していくことも、よくあります。
無理強いはしませんが、すぐにさせようとはせずに少し様子を見守っていると、取り組めることが多いです。
ちょっと取り組めれば、その気持ちを大切にしたいと思っています。

                              DSC02067_convert_20110909194822.jpg

                      
スケッチブックの左のページに、お手本をつくり、右のページで練習できるようにしてみました。
説明が難しいので、分かりにくいかもしれないですが;;

DSC02072_convert_20110909194916.jpg


分かりやすいように、紐の色を変えています。
これも、できるようになれば、2本の紐の色を似た色にし、いずれは同じ色で練習できればいいと思います。

                    DSC02375_convert_20110920201154.jpg
ビニールテープを貼るだけでも、「できる」という自信になったり意欲になったりする。
これは前回の記事にも書いていた、ダンスの時に使うビニール袋です。私のクラスのお子さんに行った支援です。
ひどく手間はかからないですよね。ちょこっと、サポートすることで安心して取り組めることが実感できた出来事でした。

そう、体育祭の練習で、ちょっとふてて、やろうとしない3年生の男の子がいました。
どうしてやらないのかをたずねると、
「誰かが、ぼくのビニール袋を破った
というのです。
「誰かがやったのを見たのか?」尋ねると、見てはいませんでした。
担任の先生には、
「これくらいのちょっとの穴、誰がやったわけでもないんだから、辛抱して使いましょう。本番には新しいのをもらえるんだから。」
と言われていたようです。

もともと、不器用さがあり、ダンスは苦手な様子でした。「列ごとにテスト」、なんていう場面になると緊張も激しい様子を見せていました。
自信の無さから意欲をそがれ、ぱっと見ただけではなかなかすぐにできないことを、皆の手前、さぼっているように見せているのかな?
また、少し几帳面融通がつきにくいために袋が破れていることが気になって、余計に意欲が出ないのかな?
そんな様子に見えていました。

破れているところにテープを貼ってやり、様子を見ていると、少し踊ろうとしていました

それを、「よし」とするか、「甘え」ととるのかは、担任の先生によって違うかもしれません。
それでも、今日やろうとしたことを認めてくださっていたようでした
目の前の事象のみにとらわれず、何が大事かを見失わず、取り組みたいなと思います。

見通しが立ちにくかったり、不器用さがあったり、感覚が入りにくかったりして、できないことが多くあり、みんなと同じようにできないことから、自信をなくしたり、意欲がそがれてしまうことがあります。

1年生の今は、自信を失わず、生き生きと過ごしていける1年間を過ごして欲しいなと願っています。
そして、ストレス耐性、意欲の持続、成長と共につけていきたいと思います。





| 教具・教材 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.09 23:59

2学期には、漢字の学習が始まります。
ひらがなはもう全部覚えることができ、プリントの問題などは自分で読むことができるようになっています。
でも、漢字やカタカナはほとんど読めないので、どうかな?とお家の方も思っておられたようです。

先日、交流学級で、漢字ドリルを配ってもらいました。
どうするかな・・・?とみていると、しばらくしてから、中をぱらぱらとめくって見始めました。
私に「これ漢字?」などといろいろ話をしながら、漢字を見ていました。

漢字ドリルには、書き順が見て分かるように色で筆順を示してありますね。そして、小さく番号がふってあります。
「1、2、3、4~で書けるん? うわ~すごいなあ~
と言いながら、次々とめくっては指でなぞり始めました! 見ればちゃんと筆順通りになぞろうとしています!ほとんど最後まで全部、なぞってしまいました!

DSC01954_convert_20110909194334.jpg


この様子を見て、おっ、チャンスだなっと思いました

初めての学習には負荷がかかるためか、あまりやりたがらないことも多いです。
初めはあちこち脱線しながら、何時間か同じパターンを繰り返すと、徐々に自分から取り組むようになってきます。
そんないつもなのですが、漢字に興味を持っていることが、とてもいい機会であると感じました。

また、お子さんは、継次処理のタイプのようなので、「順番」を示すと理解がしやすそうです。
ただ、視覚認知に少し弱さがあり、複雑な文字の形をとらえることが難しい様子です。
そこで、このようなものを作りました。

DSC02019_convert_20110906225506.jpg

100円均一で買った紙粘土で作りました。いろいろな色があるし、混ぜると違う色を作ることもできます。
                DSC02024_convert_20110906225015.jpg


漢字ドリルと同じ色で、筆順をあらわしてみました。
台紙には、始筆と終筆の位置をとらえやすいようにマスを4つに分割してそれぞれの部屋に番号をふってある、ひらがなの時に使ったのと同じ物を使用します。(以前のブログに記事があります)
ちなみに、その方法でもう一人のお子さんの文字が、こんな風に書けるようになってきています
                             DSC01412_convert_20110909233940.jpg
視空間認知能力が高いのでしょう、始筆と終筆の場所も覚えてしまったので、みるみる形の整った文字が書けるようになりました。このお子さんにはマッチしていた覚え方だったと言えそうです


DSC02025_convert_20110906225110.jpg

筆順通りに、重ねていきます。

                 DSC02026_convert_20110906225127.jpg

このように、接するところや交わるところにはくぼみをつけているので、どちらが上になるかがよく分かります。
筆順通りに重ねていけば、うまく漢字ができあがります。

もちろん、初めからお子さんと一緒に作っても楽しいですよねひらがなのときは、粘土をこねて一緒にひらがなを作りました。
でも今回は、粘土をこねることよりも、筆順に注意をもっていきたかったので、あらかじめこちらで作っておいて、重ねていくようにしました。

筆順がしっかりと身についたら、もうボンドで張り付けて教室に掲示しておくと、いつでも確かめることができるので、そうしたいと思っています。

                        DSC02079_convert_20110909194447.jpg
たくさん作って、その文字の完成したところの写真と文字パーツを一緒に袋に入れておいて、お子さんと一緒に並べていくようにしています。今のところ、楽しく学習できています。

これと、漢字イラストカードなども使って、文字と音と意味とをつなげていきたいと思います。

文字を書くということについては、なぞることも難しいのですが、細い線も少しずつはみださずに書けるようにはなってきました
まだ、ひらがなもプリントで練習しています。もう少し大きめにして漢字も練習できそうです。
これは、前に「ピーマンとってきて」と言われて「きゅうり」を持ってきたというエピソードがあったので、物と言葉のマッチングができればいいなと思って作ったプリントです。

DSC02027+(2)_convert_20110909194420.jpg

それぞれの、認知の特性に応じた教材が、その時その時にそろっていればいいですが、今年できたばかりの学級なので、あまりありません。
たよるは100円均一(笑)。 うろうろうろうろ・・・・。でも普通の使い方とは違ってたりしますが、「これをこうして・・・お、いいかも」と考えて思いつくと、楽しいですよね



次回は、LD学会の報告になるのかな・・・いよいよ来週とせまってきました
また、いろいろ勉強させていただけることと、楽しみ半分、緊張半分以上ですが、頑張ってきたいと思います。
よろしくお願いします。







| 教具・教材 | コメント(4) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。