--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.04.15 16:28

あ、そうそう、長崎といえば、「ちゃんぽん」!!ということで、何度か食しました
まず、ガイドブックにのっていた、「皇上皇」という、長崎駅前のアミュプラザ内にある中華料理屋さん。有名なんですかね?

皿うどんのパリ麺の細麺ってのをいただきました
おいしかった~~~~(><)

私は小さい時から、皿うどんすきで、よく食べてたんですよね!

って長崎に何の縁があったわけでもないのだけど、なんでだかこの「パリ麺」ってのが好きで、おうちで八宝菜とかをしたら、よくそれでしてもらって食べていました。

ひょっとして、私って前世は長崎人? って思ったりして ウソです オーバーに言ってしまいました 笑

最近ではマックスバリュみたいなところでもフツーに売ってますよね。時々買って食べます。でも・・・!
やっぱ違います!
まず、麺がほっそいですよねえ~。よく味がからんでとてもおいしい~。

夢中で食べて、気がつけばきれ~に食べちゃってました♪ 大満足です

IMG00707-20120329-1301_convert_20120410201655.jpg

で、やっぱこれも気になる・・・ってことで(やっぱりかい)、今度はちゃんぽんをいただきました。

これがまた・・・。このスープが独特というか、やっぱりこっちもおいしい。
麺もなんか、ぽよーん ってしてる(表現力とぼしい;;)

やっぱり、ご当地ならではだなあ~と思いました。 はあ~また食べたい

IMG00720-20120330-1306_convert_20120410201704.jpg

さてさて、平戸へは、佐世保駅からバスで行きました。
電車で行こうと思っていたのですが、(といってはいますが、たいした計画性があったわけじゃない)

それを聞いた岩永先生が、
「たぶん、バスの方がよいと思いますよ。電車、ついたけど、そこから何分も待たなくちゃとか、ちょっと接続悪そうな気がしますよ」
って教えてくださったので、バスにしました^^

きっと、あまりの無計画さにびっくりされたんだと思います;; 最初聞いたとき、「・・・ん?」って感じでしたから 笑 

でもさすが岩永先生。優しいですね~、私が傷つかないようにソフトに教えてくださいました 

バスも、のんびりと進んでいきます たぶん西風さんの前任校?あたり、マックスバリュとか、清峰高校とかを通り過ぎていきました。ほほ~って思って通って、そして、

平戸に到着~
さてさて、どうしようかな・・・と。
まずは、観光協会みたいなところ、ないかな~なんて歩いてたら、ちょうど見えました。

観光案内所

                   IMG00766-20120331-1034_convert_20120415155246.jpg


そこに入ると、おじさんが二人と、先客らしき女性が二人座っておられました。

そして窓口っぽいとても親切なおじさんが、丁寧に教えてくれました。

泊るところは遠いから、電話して迎えに来てもらったら?ということ、今からなら、こことここあたりに行かれたらどうか?とおすすめも教えてくださいました。

「えと、ちょっと教会とかもまわりたいんですけど・・・今日はもう無理でしょうかね・・?」
「教会?」
ということで、そこのおじさん二人が進めてくれました。

「教会だったらあんた、「田平教会」がよかやろ、」
「だけど足がないよね」「あそこはバスなかったよね」


などと、いろいろ相談してくれていたんですが、その時、先客っぽい女の方が、
「あの~、よかったら私、ご案内しましょうか?」

「ちょっとこの子が郵便局行くんで、途中ちょっと寄りますけど、それでよかったら、どうぞ。」
と。
「え、・・」とちょっととまどっていると、すっかりご機嫌のおじさんたちが、
「ま~、アンタよかったねえ、のせてってもらいな」
「そして帰りは、宿舎まで乗せてってもらってもいいかい?」「ええ、もちろんどうぞどうぞ」

「ほれ~、じゃあ、さ、行っていって~」

なんてありがたいことなんでしょう~。みなさんの親切にびっくりです

そしてしっかりここはお言葉に甘えに甘えさせていただき田平教会へ連れていっていただきました。

IMG00724-20120330-1548_convert_20120410201643.jpg
IMG00728-20120330-1554_convert_20120410201728.jpg

この教会はとてもいい!と一番のおすすめだということ、中のステンドグラスは、上がドイツ、下がイタリアの職人さんが来られて、光の入り方などを見て色合いを考えて作られたというようなことや、建てたのは日本の宮大工さんで、西洋風なつくりの中に、椿の花などをデザインした、日本調なところがあるということを教えてくださいました。そして、戦争の歴史なども。

そして、記念写真までとってくださいました

話を聞いていくと、どうやら、平戸のホテル「蘭風」さんの支配人らしき方だということ。
わざわざ、自分のホテルの客でもないこの私を親切に案内してくださったのです

一緒にいた方は、高校卒業でホテルに就職し、長崎市内から寮に入って働くという、ピッカピカの新入社員さんでした。

「次回は、必ず! 蘭風さんに宿泊させていただきます!」とお約束をし、旅館前でお別れをしました。

ちょっと中心部?から離れてて、しかも風と雨;; 今更また出歩く気もせず、ちょっと早いけどもういいや~ってことで、フロはいって、まったり
きっと、こんな一人で泊まるとこじゃないんでしょうね、だだっぴろい部屋で一人、きしむ雨風の音を聞きながら、PC広げてお仕事少々


旅館は「銀鱗荘」さんでした。ごちそうはすっごくて、おなかいっぱい。このお造りがめーっちゃ新鮮こりこりっとした固くしまった身で、甘くておいしかったです

じゃ〇んで予約したのですが、このお料理で朝ごはんもついて、安かったなあ・・・。


IMG00739-20120330-1904_convert_20120410201952.jpg

IMG00741-20120330-1919_convert_20120415155310.jpg

夜は大嵐で、ビュービューと風雨でしたが、次の日は嘘のように良い天気

IMG00755-20120331-0948_convert_20120410201754.jpg


教会を見て、バスでたびら平戸口へ、そこから松浦鉄道に乗って、有田方面へのんびりのんびりと列車の旅♪

IMG00788-20120331-1242_convert_20120410201905.jpg

この駅は、最西端だそうで、「訪問証明書」というものを記念に買いました

IMG00857-20120415-1540_convert_20120415154320.jpg

途中の駅で見える海、桜、菜の花・・・。 沿線の風景がとてもキレイで、ほんと癒されっぱなしの旅行。

自分でいうものなんだけど、結構自分って、究極の日本人タイプ?女のくせに、仕事主義?(そんなカッコいいもんじゃないけど)みたいな感じで、まったく、のんびりするのが下手なんだな~と実感。改めて、こんなのんびりしたのって、いつからぶり??って思いました。


IMG00796-20120331-1341_convert_20120410201814.jpg

さて、またがんばって仕事しましょ~~!! パワー満タンに充填できました^-^
スポンサーサイト

| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2012.04.10 21:10

春休み、長崎へ旅行へ行ってきました。

一人旅だったのですが、一つの目的がありました!
それは、長崎大学の岩永竜一郎先生の研究室にお邪魔することです。
10月の感覚統合学会ではお世話になった長崎、そして岩永先生。
それ以来の再会でした。

長崎駅について、先生にお電話をして路面電車でトコトコと・・・
研究室にお邪魔し、しばしお話。すっごいしゃべってしまいました。

学校現場のこと、感覚の問題について、大学についてなどなど・・・。
そして、先日発売されたばかりの岩永先生の本をおもむろに
「せんせいは、この本まだお持ちでないですか? もしよかったら、どうぞ」
と、下さいました♪  遠慮なくいただいてしまいました

IMG00843-20120410-2025_convert_20120410202941.jpg

「先生、サインしてください、ぜひ
「笑 サインですね~サインは小学生の頃は練習してましたけど、今はしないんです ・・・」
と多少照れ笑い?され、
「じゃあハンコ押しますよ」と言って、ハンコを押してくださいました。
保護者さんが作ってくださったんですよ、と。これからはこのハンコ持ち歩かなきゃですかね~とおっしゃっていました♪

IMG00844-20120410-2025_convert_20120410202924.jpg



そして、5時から一つ療育を見せていただきました。特別支援学校を卒業されたばかりの方で、PECSや作業、プレイルームなどでの療育のプログラムを組んでおられました

注意がシングルフォーカスで、選ぶ課題をしていても、なかなか全部を見て考えることが難しいのだけれど、絵カードの食べ物などは選ぶことができるようになったとおっしゃっていました。

岩永先生の研究室の療育では、必要に応じて、心理士さんが、就労先や学校に出かけていき、コンサルテーションも行っておられるということです。とても素晴らしい方で、いろいろ幅広く取り組んでおられるということでした。

療育に来られる方は、就学前の小さな方から、成人の方まで年齢も様々でいろいろな方が来られているということでした。
でも、月に一度とか、いろいろなスパンで継続的に見ていただけるところがとてもうらやましいなあ・・・と思いました。

心理士さんも、コンサルテーションをしていく中で、
なかなかうまく通じあわない時があったり、お願いしたことを積極的に取り入れてくださったり、対応は様々だけど、少しずつ進んでいるということを話されていました。

夕食までご一緒させていただき、とってもいい気分♪でしたが、岩永先生は、

「これから大学に戻って精神科の先生と打ち合わせです。明日から上海ですね。」

シャ、シャンハイ?? せんせー、いいんですか?こんなところで私なんかと夕食たべてる場合じゃないんじゃないですか!?」

「いえいえ、シャンハイは明日の午後ですから」

さら~っとおっしゃいますが、せ、せんせ・・・
さすが、男前なすばらしい先生です。お忙しいのにもかかわらず、私などに親切にしてくださり、とても貴重な時間を過ごさせていただきました^-^


ホテルは、じゃ〇ん でとった、格安の宿^^
カプセルじゃないところで一番安い、みたいなかんじ。

一泊目のホテルは、ベッドとテレビと冷蔵庫。風呂、トイレは別でした。階段しかなくて、荷物だけ、エレベーターで上げてくれました笑

ついたのが11時前だったんですけど、

お風呂も、11時までしかボイラーがついてないってことでお急ぎ
まあこういうのが楽しくていいんですよね~。
春休みの仕事も持ってきてたので、夜は部屋で一仕事して寝ました。

さてさて、翌朝、近くの「ミスド」で2時間くらいつぶし、出島ワーフあたりをぶらぶらとお散歩

IMG00714-20120330-0806_convert_20120410201915.jpg


歩いてたら、おじさんが釣りをしていました。何が釣れているのかな~とかって思いながらほんっとにゆっくりぶらぶら~~~っと歩いていると、
同じように釣りを見ていたおじさんが、
「旅行?」
と話しかけてきてくれました。
「はい」「どっから来たと?」「神戸です」
「神戸ね~、おじさん神戸に何年も住んでたよ? 神戸も長崎もそんな変わらんでしょー?」「坂があって、海があって、おんなじようなもんたい」
「いいねー、のんびりしよるねえ」「うらやましかねえ」


(方言、こんな感じだったと思いますがちょっと違うかも・・;;)
とかって、いっぱいお話してくれました^^

いつもせかせか歩いているけど、こうやってちょっと歩くスピードを落として、広く見渡したりしていると、貴重な出会いがあったり、発見があったり

たまにはのんびり歩いてみるのもいいものです

面白かったです。

そして、いよいよ平戸への旅です~~。そちらは、次回に

| その他 | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2012.01.31 22:44

今日はちょっとしたなつかしい思い出話を。


みなさん、お店に行って、

3000  100000  6000

って値段を見たり聞いたりしたら、どう思います?
まあ、その商品にもよるかなあ~と思いますけど、

例えば、ラーメン一杯が、3000 って書いてあったら、「高っとまず思いせんか?

実はこれ、私が数年前ベトナム旅行に行って、
フォー(ご存じかと思いますが、ベトナムのコメが原料のヌードルです)一杯の値段です
当時は3000ドンっていう値段でした。

「ドン」これがベトナムの通貨で、そのころはだいたいの目安で、
1円=100ドン


なので、フォー 一杯が30円なんですよ


初め、お店に入ると、水でビショビショのしぼれてない「おしぼり」を出してくれます。
私たちは、何も知らずにそれを使い、そのあとフォーを頼みました。

ベトナムのフォーは、あっさり味のスープに、「ガー」とか「ボー」とかっていう鶏肉や牛肉などをのせ、あとは野菜がたっぷり。結構ヘルシーで美味しいんです。日本で食べるのよりも、もっと野菜がいっぱいあふれるほど入っていました。そして、香草のようなものもしっかり入っていたと思います。

フォー=3000ドン

って書いてあったので、お金を払おうと思ったら、なんか店員さんがなんかワーワーとまくしたてて、
「7000ドン払えってなことを言うんですよ。

これにはこっちも

「はあ?」

ってなもんですよ。

もしやこれは、日本人だと思ってぼったくってやろうとしてるのか!?!?
とがぜんやる気になってきたのですが、(何をヤルんだ;;)
違うんです。正しいんですよこの値段は。トホホ(死語)

「フォー」はたしかに、3000ドン。

そして、あのビッショビショの「おしぼり」=4000ドン

だったらしい~~

日本ではおしぼりはタダが常識。でもそこのお店では有料だったのですよ!

計算ずくなのかどうか知らないけど何も言わずに笑顔で置いてくんですから、使いますよ~そりゃ(+_+)

しかも、フォーより高いし;; なんでやねん

次からは店のお姉ちゃんがいくら笑顔で持ってきても
「あ~ダメダメ!!」「はい、いらないいらない」
ってな具合に、断ったのは言うまでもありません。

いや~文化の違い?ですよネエ~

そして、その時に一緒に行っていた人のうちの一人が、実際に遭遇した話を一つ。

ベトナムでは、「シクロ」という人力車でいろんなところにつれて行ってくれる商売をしている人たちがいます。
日本人を見かけると、「乗っていけ、乗って行け」と激しく誘ってきます。(多分そう言ってる)

なんか、「安くするから、3人3台用意するよ!1台の値段でいいよ!」的なことを言ってメチャ誘ってきたのですが、その時は相手にせず、みんなでご飯を食べに行ったそうです。

そして、のんびりとベトナム料理を堪能して、お酒もいただいて、ほろ酔いいい気分になったころ、雨が降り始めました。
雨だ、と思ってふと外を見ると、なんと、その誘ってきたシクロの人が、ズブ濡れになって待っているではありませんか!

なんとなく、心優しい日本人、この少年がなんだか健気に見えたのだそうです。

きっと、これで乗らなかったらこの人は今日1日、カセギ無しなんやろうなあ・・・。
あんなに濡れても待ってくれてるんだ・・・。
結構、イイヤツだったのかもなあ~~・・・。

これにはちょっと良心の呵責に苛まれたような気持になり、(別に悪いことはしていないはず)
「まあ帰りくらい、利用してあげるかー、酔っぱらったし雨も降ってるし・・・こんなに待たせちゃったし・・・(←別に待ってろと頼んだわけじゃない)」
って酔っぱらって多少気も大きくなってるしってことで、乗ることにしたそうです。

ちゃんと1人1台やってきて、さて別々に店を出発しました。

その人は、なんとなく他の人とはぐれたような気がして、気にはなったのですが、ちょうど泊まるはずのホテルがこの先だな、と分かったので、
ホイッ!と 飛び降りて、
「おおきに! ほな」
とあとは歩いてホテルへ帰ったそうです。(後で聞いて、この人スゴイ!!と思ったんですよ、きっと何か危険を察知したんでしょうね)

そして、あとの2人を待てど暮らせど・・・・・・かえってこない
さすがに、ちょっと心配になってきたころ、1人が帰ってきました。
「やられましたよ・・・やられました!」
と。
続いてもう1人も顔面蒼白、かえってきました。

どうやら、その2人は人力車で人影少ないところにつれて行かれ、囲まれたそうです。
そして、お金をねこそぎとられたと。

幸い、ほとんどのお金は腹巻にしのばせていて、手持ちの財布の分だけをとられたそうですが・・・。

とられたお金は、約30000ドン。

「30000ドンもとられたっ!!!」
と、茫然自失になっていましたが、改めて日本円に換算してちょっと笑ってしまったそうです。

だって、とられたのって、わはは。

「300円」

ですもん。

でも、とにかくその時は命まで持っていかれなくてよかった!!!と胸をなでおろしたそうです。
そして、「やつら、今夜は豪遊ですよ!!豪遊!!」とむちゃ腹が立ってちょっと息巻いてみたらしいですが、後の祭り 笑
っていうか、300円くらいですんだんだから、まあいいやん;;


この時の教訓で、私もかばんは常に抱きしめて歩いたり、手持ちのお金は100円くらいにしていて、あとは腹巻に!とか、結構用心深くしてました。おかげで、そういうコワイ目にはあわなかったです。

もちろん、そんな悪いことをする人ばかりじゃないでしょうし、ベトナムはとてもいいところでした♪
また来たいな!って本当に思いましたし(^^)

それにしても、
その時泊まった宿、2人で一泊18ドルとか、(一人9ドル・・・700円くらい?)
まあ、格安宿だったので、シャワーも水でしたが;;

とか、1食がそうやって30円とか80円とか、そんなので腹いっぱい味わえるし、

10000円をドンに変えていったのですが、「1、000、000ドン」ですよ!!札束でしたよ ミリオンミリオン 笑 
でも余ったもんねえ。10日間ほどいたのに。

すごい、豪遊でした 笑

でも、この時に思ったのは、やっぱり見慣れたり使い慣れたりした「感覚」というものは、なかなか変えるのは難しいんだなということでした。

10000ドン って書いてあると、100円なのに「高っ!!」って思って買わないもん 笑  


そういうことを経験できたことは、後々役に立ってます。
物事は、人から見たら違うかもしれない、とか、もっともっと多面的にとらえられるのかな、とかいう可能性を頭に置くことができるようになった気がします。

今は、もっと安くて、270ドン=1円くらいみたいですよね。すっごいなあ~。








| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.08.15 16:54

入院して、

① 単位取得のためのレポート
② ABA応用行動分析の学習
③ DVD鑑賞


この3つが主な活動?です。

①は最近終えたので、あとは結果待ちです。
②は、今度の研修の事前学習なのですが、まあ、ボチボチ…ってとこかな~~。

③ DVD鑑賞は、いろいろ見たのですが、特に多いのが、「007シリーズ」
イアン=フレミング原作を元にして映画用に書かれたという、言わずと知れたスパイ映画の超代表作シリーズです。
ベンベレベンベーベンベンベン… あの有名なテーマソング(James Bond Theme)は子どものころから耳にしてます。
エレキギターっていうんですか?あの、「若大将」さんとやらもやってた楽器??(爆笑)←よく知らないけどなんか頭に出てきた~ちょっと古い;;(若大将はコ○ジュン飲んで永遠なのに、ゴメンナサイ) 

 007  英国謀報員で、任務遂行中には犯人と思しき人物を殺めても不問という、『殺しのライセンス』をもっている
 どんな危険な場面でもひるむことなく戦い、事を解決していく。
 唯一の弱点が「女」

パターンはわかっているけど、面白い。
知り合いがマニア(笑)で、全シリーズ貸してくれました。
最新作から逆戻りして見てマス

その時代らしく武器や殺しのパターンは変わってきていて、今のは今ので楽しめるというか、
時代遅れな印象もないです。
また、演じた俳優も、その時代その時代を反映するようなカッコイイ人たちで、それぞれに魅力があります。

なぜ、こうも鮮やかに事件を解決するのか?
どうして、こんなに攻撃されても死なないのか?

かなり現実離れしたシチュエーションがありまくりですが、ものすごいひきこまれます。
007は死なない
そういう面では安心感があって、ハラハラは少ないけど、
007はそういうもの。でいいんですよね

007って人は、
一つのことをしながら、目は監視カメラをチェックしている。
対話している相手の表情、仕草、息遣い、などの相手が表出するものを細かく分析している。
一分の隙も与えない空気感。常にしっかりと逃げ口を確保した身の置き方

ものすごい「同時処理」ですね。
ぱっと見た状態を、瞬時に判別し、「さっきまでと違う」ことが分かったり、
「ここがこういう状態だということは・・・」といきさつを洞察したり、
それを一瞬でやってます。

また、少し多動傾向がなければ、あんな風にいろいろな私物を置き去りにして
次々と世界中をまたにかけた行動には移せないかな?
衝動性も強い いろんなものを破壊してでも、敵を追い詰める。

でも、ちょっと女に弱い
ここがまた、イイんですよね。こういう設定が、人間味を出してると思います。
で、かっこよさに拍車もかけるというか・・・。
やっぱ、強くて優しい、こういう男の人に憧れる女子は多いでしょうし。
ボンド=ガール 
最近は キム・ヨナさんを思い浮かべますけども。セクシーでかわいかったですネ。
美人で、ちょっと影があったり、意外に強かったり。
これまた、映画に絶妙な味を加えていますよね。

ジェームス=ボンド
とてもカッコイイなー。

GIFTED ですかね~。

いちいち、そういうことを考えずに見て楽しめばいいのに。
映画を見ても、こういうことを考えてしまうのが習慣化しつつある、今日この頃です。




| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.08.13 21:45

早くも、というか、やっと、というか、入院して3週間が過ぎました。4週目に入ったのです♪

そして、本日、やっと足を床について歩くリハビリが始まりました
DSC01828_convert_20110813202553.jpg

まずは、体重の3分の1程度の加重
体重計に右足を置いて、だいたいの目安にしながら、歩いてみました。
やってみたら・・・
「たいしたことないな」
びっくりするくらいほんのちょーっとしか、力が加わっていませんでした。
とても3分の1とも思えないほどです。

なんだ、これくらいならすでにときどき・・・(爆))とは決していいませんでしたが(笑)

「ほんと、ちょっと足をついたかな~くらいで、左足に体重を乗せる感じですね~。これでしばらくがんばってください。」 

まさか、3週間も足をついて歩いてはいけないなんて、知らなかったので、
(知人情報では、2,3日でもうやるって話だった。半月板も縫ったせいなのかな?)
ちょっとイライラもしましたが、ようやく、また少し進んだ感じです。

そういえば、お盆です。
となりのオバチャンと私は盆でも帰ることなく、残ってますが、
そのとなりのオバチャン(こわいオバチャンの話し相手)は、
今日すごくうれしそうに外泊されました
このオバチャンは、人工関節を入れて、もう1か月が過ぎようとしてるんですけど、
思うように足が曲げられなくて、リハビリが進まず、痛みでいつも泣きながらがんばっておられます。

痛みと、進まないイライラと、先生や看護師さんからのプレッシャーと、作業療法士さんへの申し訳なさ、みたいなものがいっぱいになって、結構ネガティブになっておられたので、このお盆休みで、
しっかりリフレッシュできたらいいですね

となりのオバチャンと言えば、先日は、いきなり、
「このポット、だれも使わんのに、電気代がもったいないなー、消しとくで!!
って言って、突然切りました
「え、私使ってます。」
って、またこわくて言えなかった~

だってね、私が来るまで切ってあったポットが、私がここに入ってからは、ついてる。
ってことは、つまり、その、私が、使ってるってことなんですけど・・・。
そんなことは考えられないみたいで・・・。
物事を前後事象から継時的に思考し、判断することはちょっと苦手さんのようです。
どうもスライド的です。まあいいですけどね、これくらいは


そうそう、今日お見舞いに来てくださった方が、こんな差し入れを持ってきてくださいました。
私があまりに粗食に耐えて、食欲がないのを知ってか(笑)

ポケモンふりかけ
DSC01829_convert_20110813202802.jpg

ワタシにそういう特性があれば、泣いて喜んだかもです。
こういうの、いいですよね。これは20袋も入っていて、それぞれのってるポケモンが全部違います
毎日違うから、楽しくご飯が食べられますね

DSC01831_convert_20110813202917.jpg

(写真が横向いてて失礼しますよ。)そして、ちゃんと栄養面も考えて作ってある
ふりかけなんて量にしたらほんのちょっとだろ、と思いますが、
感覚過敏などで嗜好が偏ったり、極端に小食になったりするお子さんには
いいのかもしれませんよね。

先日、うちの支援級のお子さんとお母さんが一緒にお見舞いに来てくださって、
その時、1人のお子さんがこのポケモンTシャツを着てました。
2学期から使えそうかも。さっそく考えてみよう~♪


いちいち、こういうことにつなげて考えるのがもうある意味クセになってますが
持ってきてくださった方もそれをねらってるかもしれません(考えすぎか)
でも思いついたとき、楽しいんですよ。

単純に、美味しかったです。ごはんが。
いつものマンネリにひと工夫。それも、加えるものは、ちょっと栄養になるエッセンス。
授業にも同じことが言えるのかもねー。(おっと、またそっちにつなげて考える;;)
いつもよりは、たくさん食べたかもです。

いろいろ考えて持ってきてくださる。先日は、うちのガッコの教頭先生が、和歌山の出張みやげに「梅干し」持ってきてくださったり。
みなさんに、こうして力をいただいているんですよね。
ほんと、ありがたいです

| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。